色落ちをトリートメントタイプとヘアカラーを比較

 今までいろいろな白髪染めを使ってきました。

50歳過ぎでからは、髪が痛まないようにと思いトリートメントタイプの白髪染めを使っていました。

トリートメントタイプはお風呂で普段使っているトリートメントと同じ要領で使えるので

手間がかからずに染められ、良いのですが、

染まるまで何度か使用しないといけないのと、色落ちが早いので他の白髪染めも使って比較してみようと思いました。

特にレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーなんてそうです。

ヘアカラータイプは髪を痛めるのではないかと思っていましたが、

今のヘアカラーは匂いもツンとしないものもあり、刺激も少ないようなので試してみる事にしました。

 白髪用のヘアカラーでも、種類が沢山あることも分かりました。色も迷うほどでした。

実際に使った感想ですが、トリートメントタイプと比較すると少し手間はかかりますが、

しっかり思い通りに染められますし、早く色落ちする事もありませんでした。

年を取ってきて、毛が細くなったり薄くなったりしてきたのでヘアカラーは使ってなかったのですが、

髪がパサついたりギシギシすることもなく、かえって染めた後のほうがしっとりしました。

他にも部分染めできるタイプやスティックタイプのもので白髪を隠すものもありました。

私は髪が短く、量も少ないので一度に全部使い切ることはないのですが、

今使っているヘアカラーは蓋をして取っておけるので助かっています。

 髪が伸びてきて生え際の白髪が気になってきたら、取っておいたヘアカラーで染めることができます。

とても便利なのでこれからはヘアカラーを使っていきたいと思っています。

コメントを残す